ニュースリリース

希望退職プログラムの実施について

2023年9月29日

当社は、本日開催の取締役会において、下記のとおり、希望退職プログラムの実施を決議しましたので、お知らせいたします。

1.希望退職プログラムを実施する理由
当社を取り巻く環境は、医療財政逼迫に伴う医療費・薬剤費抑制策の推進、新薬創出の高度化・難易度上昇など厳しさを増し、医薬品業界はこれまでにない変革期を迎えています。

このような状況において、当社は、長期ビジョン「Vision 110」に基づき「医療ニーズに応える価値の高い新薬を継続的に提供する新医薬品事業を中核に据え、健康関連事業を複合的に展開し、人々の健康に幅広く貢献する企業」を目指す姿として掲げています。その実現に向け、今年度スタートした中期経営計画「Vision 110 -Stage1-」では、事業体制の変革を強力に進め、「医療ニーズに応える価値の高い新薬の創出力強化」、「導入による開発パイプラインの拡充」、「新薬比率の最大化」などを推進するとともに、「持続可能な企業基盤の構築」として人的資本の充実などに取り組んでいます。

当社では、目まぐるしく変化する環境を乗り越え今後も持続成長するためには、長期ビジョン「Vision 110」の実現を担う人材の育成と組織の更なる強化が何より重要だと考えています。このような当社の変革への取り組み、及び今日の就業意識やライフスタイルの多様化などを踏まえ、新たな可能性を追求し社外転進を希望する従業員への支援を目的に、このたび「希望退職プログラム」を実施することといたしました。

2.希望退職プログラムの概要
(1)対象者 下記?または?に該当する杏林製薬の社員(医薬情報担当者(MR)などを除く)
  ・2023 年 10 月 1 日現在、年齢 50 歳以上 65 歳未満かつ勤続年数 5 年以上の一般社員、及び定年後再雇用社員
  ・2023 年 10 月 1 日現在、年齢 55 歳以上かつ勤続年数 5 年以上の管理職
(2)募集人数 特に定めない
(3)募集期間 2023 年 11 月 1 日から 2023 年 11 月 30 日
(4)退職日 2024 年 1 月 31 日(予定)
(5)支援内容
  ・所定の退職金に加えた特別加算金の支給
  ・希望者に対する再就職支援サービスの提供

3.今後の見通し
本プログラムの実施に伴い発生する特別加算金等の費用につきましては、2024 年 3 月期決算において特別損失に計上する予定です。業績への影響につきましては今後の応募状況等を精査の上、影響がある場合には確定次第お知らせいたします。

詳しくは下記のPDFファイルをご覧ください。