COMPANY

重点3領域

社会一員として
わたしたちキョーリン製薬
何ができるか。

重点3領域

重点領域である「呼吸器科」「耳鼻科」「泌尿器科」の
重点3領域に組織力・リソースを集中することで
特定領域でのプレゼンスを高め、人々の健康に貢献していきます。

MR活動において

キョーリン製薬のMRは、「呼吸器科」「耳鼻科」「泌尿器科」の専門医を中心とする特定領域の医師・医療機関に、営業活動、情報提供活動を重点化するフランチャイズ・カスタマー(FC)戦略の下、「主力製品の普及の最大化」に取り組んでいます。また、時代とともに変化する市場環境に合わせ、定期訪問先を最適化し、これまで長年にわたって培ってきた特定領域の医療関係者との信頼を大切にして、今後もFC戦略の進化を目指します。

研究開発において

世界に通用するオリジナル新薬を継続的に創製し、重点領域である「呼吸器科」「耳鼻科」「泌尿器科」において高いプレゼンスの確立を目指しています。多様かつ高度化する医療ニーズに応えるには、自社の技術・知識を結集し、さらに、外部のアカデミア、ベンチャー企業等の英知・テクノロジーも組み合わせ、よりスピーディに新たな製品の研究開発を進め、世界の人々の健康に貢献する新薬を患者さんのもとに1日も早くお届けできるように最大限注力します。

PAGE TOP