事業内容
創薬/研究開発

世界に通用する革新的新薬の創出を目指し、独創的な発想力で創薬研究に取り組んでいます

わたらせ研究所
わたらせ創薬センター

健康に対する医療ニーズが多様化・複雑化する環境下、多くの新薬開発がなされたものの、未だ数多くのアンメットメディカルニーズが存在しています。杏林製薬はイノベーションを通じて社会的に有用で安全な医薬品を開発、提供し、社会的課題の解決に貢献すべく、研究開発活動を展開しています。
わたらせ創薬センターは疾患モデル解析技術および低分子創薬技術を有し、米国子会社であるActivX社はキナーゼの網羅的解析技術をプラットフォームとする技術(KiNativ)を有しています。それぞれの技術を最大限に活かし、新奇な創薬ターゲットの創出に向けて、重点研究領域である線維化研究、キナーゼ研究において研究探索初期段階テーマの量的・質的な充実を図っています。線維化研究では、アカデミアとの連携により、iPS細胞やヒト組織を用いて発見した創薬ターゲットに対して薬理活性を有する医薬候補化合物の探索に積極的に取り組み、これまでの低分子をベースとした創薬プラットフォームに加えて、新たなモダリティ技術(核酸等)も活用し、革新的新薬の創製に挑戦しています。
アカデミアやベンチャー、国内外の製薬企業とも積極的にオープンイノベーションを推進するとともに、自社の評価技術基盤の活用・強化、新たな創薬基盤の構築にも取り組んでいます。
また、わたらせ創薬センターでは、探索初期段階の研究から開発研究までの全ての研究拠点を集約し、薬理・合成・安全性・薬物動態・製剤・分析の各研究分野の研究者が組織の枠を超えたチームで活動することで、研究開発のスピードアップと質の向上を図っています。

革新的新薬創製への取り組み

図:革新的新薬創製への取り組み

研究開発パイプライン

杏林製薬は、「呼吸器科」「泌尿器科」「耳鼻科」の3科周辺、感染症、希少・難治性疾患を中心に、研究開発パイプラインの充実に取り組んでいます。

積極的なパートナリング活動の推進

キョーリン製薬グループは、自社創薬とともに、外部との積極的なコラボレーションにより、医薬品メーカーとしての重要課題である製品パイプラインの拡充を推進しています。今後も魅力的なパイプラインの構築に向け努力を続けていきます。

図:積極的なパートナリング活動の推進

公的研究費の運営・管理体制

杏林製薬は、文部科学省が制定した「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」等に基づき、公的研究費の運営・管理に関する規程を定め、以下の責任体制のもと、公的研究費の適正な運営・管理を行っています。

医学研究倫理指針に基づく情報公開

杏林製薬は、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、および「個人情報の保護に関する法律」を遵守し、ヒト由来試料・情報を用いた研究のうち、情報公開の対象となる研究について以下の通り公開します。

医薬に関する研究活動サポート

杏林医学教育プロジェクト助成

杏林製薬株式会社は、2021年度より公募による「杏林医学教育プロジェクト助成」を開始致します。
当該助成は、医学関係学会が独立して企画・運営する医学教育プロジェクトへ支援することで、医療関係者の教育機会の創出、ならびに知識・能力の向上を通じ、本邦における医療の質の向上に寄与することを目的とする制度です。
2021年度は、耳鼻咽喉疾患領域における教育プロジェクトを募集致します。詳しくは「募集要項」をご確認ください。

2020年11月

2021年度分の募集は終了致しました。

厳正なる審査の結果、2021年度の助成対象は、以下の通り決定致しました。

学会名:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
プロジェクト名:耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術手技教育プログラム(活動期間:3年間)